相互オナニーを希望する女子大生とLINE交換してオナ指示

 中岡から教えてもらった、例の出会い系サイト、PCMAXとハッピーメールの公式アプリを利用することにしました。
なんたって、性的な不満はかなり強くなっちゃってるし、カリビアンコムで見たよな乳首開発は、どうしてもやってみたい。
女の子の多くいる出会い系サイトなら、チクニー好きだって見つかるかもしれません。
本物の女の子と、肌と肌を合わせる関係は作りたいですから、早速登録していきました。

 

 感激するほど、女の子の数。
まさに星屑のよう!
俺の心ウキウキワクワク。
んで、なぜかチンチン半立ち。
テレエッチ専用掲示板覗いてみたけれど、投稿が凄い!
とりあえず年齢の近い女の子を見つけては、メールを送っていきました。

 

 相互オナニーを希望する女子大生から返事が来た時は、小躍り状態でした。
芽郁は19歳の女の子。
「男の人に、エッチなこと言ってもらうの大好きで…」と、メールで書いてきた女の子。
「LINEで、楽しんでみるかい?」
「はい」
素直な返事が返ってきて、此処からタダで交流することになっていきました。
そりゃもう俺、有頂天!

 

 あまりにもあっさりと、相互オナニーに突入していくことになりました。
こんなに早く平気なの?
女の子って、下ネタ話すと嫌な顔するのに。
今まで嫌な顔しかされたことないのに。
オナ指示出してなんて言い出しちゃうんです。
本当に?おいおい?ガチ?
テンパる俺。

 

 女の子にウケない俺としては、こんな関係すら作ったことがなかったりして。
言い忘れていたけど、童貞じゃありませんよ。
風俗行きましたからね(笑)。
素人の女の子と、通話しながらのオナニーは初体験。
めっちゃ緊張。
そして、めっちゃ興奮。
「パンツ、どんなの履いている?」
「薄い水色で、白の水玉です」
「クロッチ部分、汁がついてる?」
「うん――濡れてます」
あかんですよ、女の子とこんな通話。
チンチン、やたら元気に硬直しっぱでした。
「乳首触って」
「うん…はぁ…コリコリ」
「チクニーしたことは?」
「あります…」
「乳首開発してあげたい」
「はい…あっ…」
「乳首触りながら、クリちゃんも弄って」
「うん」
そこから芽郁の桃色声は強まっていきました。

定番サイト登録無料

乳首責めを希望するセフレを探すならココ!!

page top